あいか▶あいくち

あいか[哀歌] (名)〔文〕4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第6版から、前の行への折返しをやめたので、一行損している項目。第7版は、前の行の「IOC」が二行ぎゅうぎゅうの項目になっているので、物理的に折り返せなくなった。本文に変更はなし。

 

あいかぎ[合い鍵] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第6版までは表記欄に『×鍵』とついていたのだが、2010年に「鍵」が常用漢字に追加されたため、外れることになった。語釈中『錠前(ジョウマエ)』と、漢字に読み仮名になっているところ、第6版まではひらがなで「じょうまえ」だった。

 ところでこの「合い鍵」の表記、送り仮名を抜いて「合鍵」と書いてあるほうが、錠前屋の看板とかホムセンのサービスカウンターでよく見かけるような気がするんだけど、「三国」では「合(い)鍵」のように()でくくって「無くても可」にはしていないようである。他の辞書だと「新明国」「集英国」「岩国」は「合鍵」、「新選」は「合(い)鍵」。

 

あいがけ[合い(掛け)] (名) 〘料〙7:3

 これは個人的に初めて認識した語で、「なんか第7版で初出っぽいな……」と思ったら果たしてそのとおりであった。『カレーとハヤシの合い掛け』のように使うということである。しかし他の辞書には採られていない。「三国」の、食事に関する語彙はわりとマメに収録する、という性格によるものなのかもしれない。

 

あいかた[合方] (名) 4:4, 5:4, 6:4, 7:4

 第6版まで、地の文をかなで書いて()内に漢字表記を入れてる語と、漢字で書いて()内に読み仮名を入れてる語の混在した、不思議な文章だった。第7版では、地の文に漢字を使って、()内は読み仮名、に統一されている。該当部分を抜き出すと、第6版まで「かぶき(歌舞伎)」「芝居(シバイ)」「三味線(シャミセン)」「うた(唄)」「長唄(ナガウタ)」と混在していたのが、第7版では「歌舞伎(カブキ)」「唄(ウタ)」に改められている。単に気持ち悪かった……のではなくて、語釈中に使う漢字の基準が変更されたのだろう。たぶん。

 ついでにいうと、第7版では「(ナガウタ)」という読み仮名が削除されていて、文字数がちょっと減ってるんだけど、残念ながら二文字だけ四行目に行ってしまって、行数の節約にはなっていない。次回頑張ってください。個人的には文中の「とちゅう」を漢字にしてしまって良いのではないかと思う。

 

あいかた[相方] (名) 4:2, 5:2, 6:3, 7:3

 もとは「相棒」に近い意味だけ書かれていたんだけど、第6版で②に配偶者・恋人の意味が加えられた。こういう新用法を拾うのはもちろん「三国」の特色で、他の国語辞典にはない。第6版では『②〔俗〕』という記載があったのに、第7版ではそれも外してしまった。さすがにそれは、ちょっと勇み足なんじゃないかという気がしなくもない。

 全くの余談だけど、他の国語辞典には、より古風な「あいかた」、つまり「敵娼」が載っている(「三国」でもない国語辞典には当然必要だろう)。この言葉を見てると、「ひ孫が恋人を連れてくると言うので会ってみたら、驚いたことに彼女を『あいかた』と呼んでいる。近ごろの若者は昵懇の遊女を家族に紹介するものなのか……」みたいなジェネレーションギャップが起こっていないか、いらぬ心配をしてしまう。「あの娘はずいぶん上等だけど、身請けする金子はちゃんとあるのか……」「おじいちゃん、赤線は廃止になったでしょ」とかね。

 

あいがも[(▷間×鴨)・(合×鴨)] (名)〘動〙6:3, 7:3

 第6版で初出のおいしい鳥。食べ物にわりとマメな「三国」ならではの……と書こうとして、他の辞書を確認してみると、「岩国4(1986年)」「新明国4(1989年)」はおろか、「角国新(1969年)」にも載っている!(「新潮(1965年)」「辞海(1954年)」にもあったけど、あれらは規模が違うのでノーカン)ので、おいしいものに目がないはずの「三国」が、あいがもを第6版(2008年)に至るまで載せていなかったのは、いささか不思議である。「おいしいものに目がない」というのは私の誤解だろうか? でも「アールグレイ」とか採ってる辞書は他にないし……(カタカナ語に寛容なだけか)。「三国は食情報に貪欲か否か」問題は、今後とも追求する必要がある。

 

あいかわらず[相変わらず] (副) 4:3, 5:3, 6:3, 7:3

 第6版までは「あいかわら ず」と「ず」の前で構成要素を区切っていたんだけど、第7版では「あい かわらず」と「かわらず」の前で区切っている。「ず」区切りは「新明国」もなんだけど、他の辞典は軒並み「かわらず」区切りなので、「明解」以来、独特な構成要素の解釈を貫いていたのかもしれない。やめちゃったけど。

 しかしまいったな、今まで気にしてなかったけど、こういうかたちの改稿もあるのか……と思って、読んできた項目をざっと見返してみたところ、「あいいれない」でも区切りの変更が行われていた。しかもちょっと面白い。というわけで、特例としてここで一旦「あいいれない」に戻って、区切りの説明をします。

 

~~~

 

あいいれない[相(▷容れない)] (連) 4:3, 5:3, 6:4, 7:3

 第7版での見出しは『あい いれない』と「いれない」の前で区切ってるんだけど、第6版では『あいいれ ない』と「ない」の前で区切っている。さらに遡ると、第5版、第4版では『あい いれな・い』となっていて、これは第7版と同じく「いれない」の前で区切っているのと同時に、活用時に変化する部分との区切りを示す「・」が入れられている。「相容れな・かった」のような活用形もあるよ、ということを言っているわけである。「相容れなかった」は確かにやや珍しい言い方のような気もするけど、第6版が出る頃までに廃れていたのか? と考えると、別に今でも言うような気がしてくる。それにしても、第6版で「ない」の前を区切ったのはなぜだ? 興味はつきない……。

 

*ところで、区切りに着目したことでわかったことがあるんだけど、第6版までの「アールエッチ いんし」という見出しは、「アール」と「エッチ」の間に区切りがなくて、「R」と「h」を分割可能な語の成分とみなしていないことが明示されていた。他のローマ字語の見出しを見ると、例えば「RNA」は「アール エヌ エー」というように、分かち書きされている。第7版の「アールエイチ いんし」は、「アール[R]」以下の追い込み項目になってしまったことで、「アール」部分が「―」に省略されて「― エイチ いんし」と書かれることになったため、「R」と「h」の間に、本来無かったはずの区切りがあるように見えていたわけである。

 

 区切りの変更にも注目すると面白い、ということがわかったので、本稿でも見出しには区切りをつけて書くように、はじめから直そうかなとも思ったんだけど、とりあえずやめておきます。今後も区切りの変更については、なにか気づいたときだけ言及します。

 

~~~

 

 

 と、いったところで、続きを再開。

 

あいかん[哀感] (名) 4:1, 5:1, 6:1, 7:1

 堂々たる一行項目。読み下しただけじゃないか、という気もする語釈だけど、まあそれはともかく。第7版で〔文〕が外された。

 

あいかん[哀歓] (名)〔文〕 4:1, 5:1, 6:1, 7:1

 これまた堂々たる一行項目。「哀感」とは違って〔文〕が外されなかった。

 

あいがん[哀願] (名・他サ) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第5版にて用例が書き加えられたが、行数据え置き。

 

あいき[愛器] (名)〔文〕4:1, 5:1, 6:1, 7:1

 第7版で〔文」の外されている項目が多いかも、という話を前にしたけど、この項目は逆に、第7版で〔文〕がついている。

 

あいき[愛機] (名)〔文〕4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 これも「愛器」と同様、第7版で〔文〕がつけられた。

 

あいぎ[合い着・▷間着] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 内容に変更はないが、定義②の参照指示が『あいふく』だったところ、第6版で『合い服』と漢字に変更された。

 

あいきどう[合気道] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:3

 引用はしませんが、第6版まで「それじゃ空手と区別つかないのでは……」という語釈だった。これはいかんということで(たぶん)、第7版でさらに一行追加して、ちゃんと合気道だとわかる語釈になりました。よかった。

 

あいきゃく[相客] (名) 4:1, 5:1, 6:1, 7:1

 まったく変わってない項目、その11。

 

アイキュー[IQ] (名) 5:2, 6:2, 7:2

 第5版の初出時には引用指示が『ちのうしすう』となっていたが、第6版で『知能指数』に変えられた。語釈中に使える漢字の基準を見直したためと思われる。

 

あいきょう[愛郷] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その12……ではあるものの、第5版まで、次の見出しの「あいきょう」が先に並んでいた。そのせいで第6版が初出なのかと勘違いしてしまった。なぜそうなったかは、次の項目で説明します。

 

あいきょう[(愛×嬌)・(愛▷敬)] (名) 4:6, 5:6, 6:6, 7:6

  語釈はまったく変わってないんだけど、第6版から表記欄に「愛嬌」のほうが先に書かれるようになった。それまでは「愛」が先だったので、「愛」よりも二文字目の画数が少ないから、見出しが先になっていた、というわけです。

 ではなぜ「愛嬌」が先に書かれるようになったのか? と考えると、「三国」のことだから、現在より多く使われているのが「愛嬌」のほうだから、ということになる。

「敬」はいちおう常用漢字(音訓外の読み)である一方、「嬌」は常用漢字ですらないので、一見、難しい字を書く「愛嬌」のほうが古いかたちで、「愛敬」は当用漢字以降の当て字かな? という誤解をしてしまいそうになるんだけど、もちろん「愛敬」のほうが立派に元の形です。仏教用語がその源で、仏の慈相をいう「愛敬相(アイギョウソウ)」に由来する。それが「人当たりの良い」くらいの日常語に転用されて、徐々に今使われる「あの子、あいきょうのある顔だねぇ」の意味になってきたあたりで、女性のなまめかしいさまを表す「嬌」の字が当てられたわけである。

 今では昔の「愛敬(アイギョウ)」にあったような、仏の慈愛を引き合いに出すニュアンスで、やや高尚な意味を含めて用いられることは、まず考えられない。それゆえ、現代語の「あいきょう」の表記としては、「愛嬌」を優先するのがふさわしい……というのが、「三国6」での判断なのではないかと思われる。それだけでなく、用例の数を比べても、「愛嬌」が多いのかもしれない。用例の裏付けなく動くような辞書ではないからである。

 

あいくち[(合口)・(:匕首)] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第5版から、表記欄に()がつけられた。これは「かな書きしてもよい」のサインなので、「あいくち」の場合は、全体をかな書きしてOK、ということになる。このシステムが導入されたのも第5版からである。

 

あいくち[合い口] (名) 4:3, 5:3, 6:3, 7:3

 慣用句「●合い口が悪い」の意味だけが載っている項目で、内容的には変わってない。が、第5版まで『①よく意志が通ず、話があわない。 ②〔すもうで〕にがだ』となっていたのに対し、第6版で『①よく意志が通ず、話が合わない。 ②〔すもうで〕にがだ』という微修正を施している。あまりにも微修正なので、全文引用する以外に説明する方法が無いくらいである。

「手」のことはともかく、「通ぜず」って送るの、ちょっと古い言い方という感じは確かにある。いつぐらいから「通じず」に入れ替わっていたんだろう。第6版で変わってるから21世紀以降、ということはないと思うが、戦中派世代くらいまでは並立していた、という感じが個人的にはする。そのへんのことを厳密に追求するのは、私の手に余る。

 ところでこの「合い口」という語、他の辞書を見ると、「相性」と同じ意味・使われ方をする語のようである。ということは、「合い口がいい」という肯定の表現にも使われうる。「新潮」を引いてみると、古くは「物と物との合わせ目」という意味だったということなので、肯定に使われること自体は不思議ではない。

「三国」では、「合い口」単体としては、現代日本語でほぼ使われなくなっていて、「合い口が悪い」という慣用句の中にのみ生き残っている、という観察に基づいて記述しているものと思われます。