あいくるしい▶あいしょ

あいくるしい[愛くるしい] (形) 4:3, 5:3, 6:3, 7:3

 第5版までは、子どもなどの見た目について使うことになっていたが、第6版からは、しぐさについても使う語に改められた。第6版までは、[派生]欄の『愛くるしげ』『愛くるしさ』にも品詞表記が付いていたんだけど、第7版では外されてしまった。

 

あいけん[愛犬] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 『愛犬家』という用例の「家」のところに「(カ)」と読み仮名が振られていたのが、第7版で削られた。

 

あいこ[(相子)] (名) 4:3, 5:3, 6:3, 7:3

 表記欄の()は、第5版からついたもの。平成初年ごろまでは「相子」と漢字で書くほうが一般的だった……とも思えないので、これは言葉の変化ではなくて、単なる直し。

 ところでこの漢字表記、「岩国」なんか載せてもいないし、私も見たことない。「これでお相子だ」と書いてあったらまあ察しはつくけど……と、思いながら、「新潮現」を開くと「(ヘボン)」と書いてあるので、じゃあヘボンに載ってるのか……と、思いながら、Google Booksで落とした「和英語林集成」を見るも、漢字表記は載ってなかった(「言海」には見出しもなし)。「辞海」には既に「相子」表記があるので、昭和初年までのいずれかの辞書が漢字表記を載せて、みなそれに倣ったものの、「岩国」は「ないでしょ……」と言っている、という状況と思われる。だいぶ不徹底な引き比べからの予想なのでアレだけど、これ以上の追求は私の手に余る。

 まぁ「三国」に書いてあるくらいだし、あっさり戦後の実用例が出てきそうだけど……。

 

あいこ[愛顧] (名・他サ)〔文〕4:2, 5:2, 6:3, 7:3

 第6版で、『〔ひいきにされるがわが使う〕』という注記が加えられた。

 

あいご[愛護] (名・他サ)

 第5版まで用例に『資源愛護』と書かれていたところ、第6版から『水資源の愛護』に改められた。おなじ「資源愛護」でも、水じゃなく「地下資源の愛護」だとやや違和感があるので、「水資源」に絞るのは納得できる。

 この「愛護」、大抵の辞書では「動物愛護」が用例に挙げられている。語釈にも「かわいがって守る」という意味が書いてあって、無生物に使うのはやや例外的な語、ということが言外に示されているものと言える。しかしこの、「かわいがって」という親密なニュアンスが「愛護」にあるかというと、ちょっと疑問に思う。「愛」という文字に「かわいがる」という意味があるのはわかるけど、「愛護」と熟語にすると、行政やNGOがその取り組みの中で用いる、半ば義務的に大切にする行為、というイメージが強い。「動物愛護」という用例をとっても、個人が特定のペットに向けるような「かわいがる」の親密な雰囲気からは、やや離れているように思う。「史料を愛護的に扱うこと」のように、「大切に」というところの語気を強めた表現というか。

 ちなみに、無生物への「愛護」を用例で示しているのは、「三国」の他に「新明国」の「国語の愛護」、「講談国」の「山林愛護」だけだった。「国語の愛護」、というのはすごいね。

 

あいこう[愛校] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第6版から前の行への折返しがなくなって、一行損している。これは段の先頭の見出しになってしまったために、物理的に折り返せなくなったという理由による。しかし第7版は段の先頭でもないし、前の行に余裕もあるので、折り返していても良さそうなものだけど……と、思ったら、どうもこの方法、第7版では全廃されてるようである。平成時代を通じて、「三国」では前後の行に下付きで続きを書いて行を節約するテクニックが、段階的に廃された。そういえば、他の辞典でも最近のだとあまり見ない気がする。あれ好きなので、なくなってしまうとしたら残念なことである。

 次の項目の『あいこう[愛好]』が、第6版までは『あいこう[愛校]』より先に書かれていた。漢字表記の二文字目の画数が少ないのは「愛好」のほうなので、どうして変わったのかちょっと考えてしまったけど、「愛好」の品詞が『(名・他サ)』なので、見出しの並び順のルールを「二文字目の画数→品詞」から品詞優先に変えため、と思われる。「愛好」も名詞だけど、他動詞でもあるので、名詞のみの「愛校」よりは後に置かれる。いちいち文章にするまでもないなこれは。

 

あいこう[愛好] (名・他サ) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その13。見出しの並び順の変更はノーカンです。

 

あいこく[愛国] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その14。

 

あいことなる[相異なる] (自五)〔文〕4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第7版で〔文〕が加えられた。第6版までは前行折り返しがあった(つい注目してしまう)。

 

あいことば[合い(言葉)] (名) 4:3, 5:3, 6:4, 7:4

 第5版で表記欄の「言葉」に()がつけられた。また、第5版までは、意味区分②が『多くの人が申しあわせたようにくり返す、共通のことば』という、一般的な流行語というか、「時代の合い言葉」というときのような「合い言葉」だったが、第6版の②は『仲間としての主張や目標としてかかげることば。モットー。スローガン』という、特定の集団が使う「合い言葉」になった。平成とは、大衆が細分化されていく時代だったのだ。

 

アイコン (名)〘情〙 5:3, 6:3, 7:3

 第5版での初出時には、『コンピューターを操作するためのコマンドを、画面上にわかりやすい絵などの形で整理して示したもの』というややぎこちないものだったけど、第6版では『〔コンピューターの画面で〕クリックすると、ファイルが開いたり、プログラムが実行されたりする、絵や図形』というスッキリとした説明になっている。なんでスッキリしているかというと、「行動→結果」という構文になっているからである。「クリックする」という動詞が使えてることも大きいと思う。GJ「三国6」。

 例えばスティーブ・ジョブズみたいな人を指して、「時代のアイコン」というような用法もけっこう普及しているように思うけど、いまのところどのどの辞典でも未採用(コトバンクの「デジタル大辞泉」には載ってた)。例の「三現国6」には載ってそうだけど(未確認)……。

 

アイコンタクト (名) 6:3, 7:3

 第6版での初出以来、変更なし。 

 

あいさい[愛妻] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第7版で、語釈中に「妻」という漢字が使われるようになるとともに、用例の「愛妻家」に「(カ)」と読み仮名が付いていたのがなくなった。

 

あいさつ[(挨拶)] (名・自サ) 4:10, 5:10, 6:10, 7:9

 2010年の常用漢字の改定で「挨」「拶」が加えられたため、第7版で記号(×)が外された。それ以外にも、記述の細かい整理や読み仮名の排除によって地味にスリム化され、内容は据え置きのまま、9行に収まる項目になった。

 

あいし[哀史] (名)〔文〕4:1, 5:1, 6:1, 7:1

 まったく変わってない項目、その15。

 

あいじ[愛児] (名)〔文〕4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第7版で〔文〕が加えられた。

 

あいしあう[愛し合う] (自五) 7:2

 第7版で初出。意味分類①の『おたがいに愛する』だけだと、構成成分から意味が自明な複合語、ということになるんだけど、②として『性的にまじわる』が書かれていて、むしろこっちの意味のために見出し化したのではないかと思われる。このやや婉曲的な表現の意味を知れるのは「三国」だけ、という状況なので。

 

アイシー[IC] (名) 4:2, 5:4, 6:11, 7:12

 改版ごとに大幅に増量していて、平成期を通じて加速度的に多用されるようになった語であることがわかる。第4版では「集積回路 integrated circuit」の略語であることが示されるのみだったが、第5版で「ICカード」の追い込み項目が追加され、第6版で「ICタグ」と「ICレコーダー」が加えられた。第7版で一行増えているのは、追い込み項目にもそれぞれ原語綴り(〔IC card〕、とか)がつけられたため。ついでにと言ってはなんだけど、「ICレコーダー」の別名(ボイスレコーダー)も書き足された。「ボイスレコーダー」の方が言うよね。つい「テープレコーダー」と呼んでしまう人もいるのではないかと推察する。

 

アイシービーエム[ICBM] (名)〘軍〙6:4, 7:4

 第6版での初出時には、射程距離を書くのに『五千五百キロメートル以上の…』としていたが、第7版で『五五〇〇キロメートル以上の…』に改められた。

 

アイシーユー[ICU] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その16。

 

アイシェード (名) 5:2, 6:2, 7:2

 いわゆるサンバイザー。第5版で初出。

 

あいしゃ[愛社] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その17。

 

あいしゃ[愛車] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第5版までは『①自分の車(=自動車)をだいじにすること。②愛用の車(=自動車)』と、愛でる行為が先に書かれていたが、第6版で『①愛用の自動車。②自分の自動車をだいじにすること』と逆転し、ついでに「車(=自動車)」というまわりくどい書き方も改められた。

 余談だけど、ロードバイクも「愛車」であって「愛輪」と言ったりはしないので、「愛車」が自動車に限定されていることについては異議を唱えたい(机までは叩かないけど)。「新選」なんかは「自動車や自転車」とわざわざ書いてくれているので、自転車乗りは「新選」を買おう。「新選」には「愛車を磨く」という妙に生々しい用例も載ってて、「最近磨いてますか?」と問われてる気持ちになる。「三国」の用例なんか「愛車精神」となっていて、まぁ言えなくもないだろうけど、「精神」をつけるのはどっちかというと「愛社」のほうだろう、という気がする。

 

アイシャドー (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第6版までの語釈は『まぶたに塗る(青色・灰色などの)けしょう品』というものだったが、第7版では『目のまわりにかげや色をつける、けしょう品』に改められた。かなり濃い青色・灰色のことをイメージして書いたんだろうけど、「(青色・灰色)」と言われると、いささか不意を突かれたような気持ちになる。

 

あいしゅう[哀愁] (名)4:1, 5:1, 6:2, 7:2

 第5版までの用例は『ほのかな哀愁』で止められていたんだけど、第6版で『ほのかな哀愁がただよう』に改められた。ただよわせちゃったよ。一行増やしてまで……。

 

あいしょ[愛書] (名)〔文〕4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第7版で〔文〕が加えられた。