あいせつ▶あいたいする

あいせつ[哀切] (名・形動ダ)〔文〕4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 内容はかわらず、[派生]欄に挙げられている『哀切さ』『哀切み』というのが、第四版では『―さ』『―み』と省略して記載されてた。

 この『哀切み』という派生形、載せてるのは「三国」だけなんだけど(『哀切さ』は他の辞典にもある)、第4版からあるし、最近流行りの「―み」の多用の影響でないことは明らかである。何年後かに第8版が出たときに、「こんな最近の流行り言葉まで載せて……」と苦言しちゃう人が出ないよう、あらかじめ釘を差しておきたいところだ。まぁその頃まで「―み」が使われているかはわからないけど……(既にあまり見なくなった気もする)。

 

アイゼン (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第5版まで、『登山靴の底につける、鉄のとがったもの』という説明だったが、第6版で、『氷や雪の上を歩くのに使う』と書き加えられた。行数据え置き。

「三国」と「新明国」では、この語の由来をドイツ語の「Eisen(=鉄)」である、としてるんだけど、他の辞典は軒並み「Steigeisen」を載せている(訳すと「踏み鉄」といったところ)。厳密には「Steigeisen」のほうが正確なんだろうだけど、「Eisen」部分を取って略称してるんだから間違いとまでは言えない……と思う。なにより「Steigeisen」に直すと一行増えるし……。

 

あいそ[(愛想)] (名) 4:11, 5:11, 6:11, 7:10

 もともとは意味区分が三つ作られて、『①人にいい感じをあたえる応対や顔つき』『②もてなし』『③(〔「お―」の形で〕〔料理屋で〕勘定』と、やや細かめに分けられていた。第6版では③が『おあいそ②』への参照に変更され、第7版では②は①に含めてよいだろうと判断されたのか、①の定義だけを語釈に書き、②と③は削られた。『おあいそ』への参照は残されたので、③の意味がまるごとなくなったわけではない。ともあれ、これで一行ほどの節約になった。

 追い込み見出しとして、『●あいそもこそ(小想)も尽き果てる』『●あいそを尽かす』の二つの慣用句、『●愛想尽かし』『●愛想笑い』の二つの複合語が挙げられている。こちらは、漢字を開くなどの細かなもの以外は変更なし。

 

あいそ[哀訴] (名・自サ)〔文〕4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第7版で、見出し語の並び順が品詞優先になったことで、名詞のみの「愛想」が自動詞でもある「哀訴」より先に書かれることになった。それ以外に特に変更なし。

 しつこいようだけど、前行折り返しの話です。第5版まで「哀訴」は「アイゼン」の次の行で、「アイゼン」の2行目にも余白があったので、ここに折り返して一行節約していた。しかし第6版では、「アイゼン」の説明がやや詳しくなったためにその余白がなくなり、折り返しができなくなってしまった。第7版では前の項目が「愛想」に変わったのと、これの10行目には多めの余白があるので、折り返しのチャンスなんだけど、残念ながら折り返し自体が廃止されてしまった。これは折り返し文化の危機である。前行折り返しの復活を求めます(哀訴)。

 

あいそう[愛想] (名) 5:1, 6:1, 7:1

『あいそ[愛想]』への参照だけの見出し。こういうのを空見出しという。

 

あいそう[愛奏] (名・他サ)〔文〕4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その20。

 

あいぞう[愛憎] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第5版までは『すききらい』というややカジュアルな使い方を連想する表現が語釈中に書かれていたが、第6版では外され、同じ位置に『愛とにくしみ』という読み下し語釈が書かれている。第7版では〔文〕が外されるとともに、『愛憎相半ばする』という用例が加えられた。

 

あいぞう[愛蔵] (名・他サ) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 これも第7版で〔文〕が外された。

 

あいそく[愛息] (名)〔文〕5:2, 6:2, 7:2

「愛嬢」と同様の使い方をする、他人の息子を指す語だが、なぜか一足早く第5版から載っている(「愛嬢」は第6版から)。初出の時点で対義語として『↔愛嬢』を載せているので、存在に気づいていることは示しつつ、見出しとしては『愛息』のみを優先したということになる。

 これはいわゆる男尊女卑……というよりは、「三国」が平成時代を通じて、紙幅の制限をどんどん緩めてきたからじゃないかと思う。「新明国」に対して簡潔・小躯であることに重きをおいていたフシのある第4版までの「三国」から、版を重ねるごとに大幅に増量していって、ついに第7版ではページ数で「新明国」を凌駕するものになった。その過程で、「この語は字面から想像つくだろうし、あっちで対義語に載せてるし、見出しに立てるのはよしておこう」式の節約的傾向が捨てられたのではあるまいか。

 辞書が大きくなっていくことにはもちろんデメリットもあるわけだけど、いまの「三国」の立ち位置には、このくらいの規模がふさわしいのではないか、と私も思う。ただのいちファンが思うからって、どうということも無いですが。

 

アイソトープ (名)〘理〙4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 文面としては変わっていないけど、第4版では前行折り返しがあった。第5版で初出の「愛息」は二行目に余白がなかったのだ。

 

あいぞめ[藍染め] (名) 6:2, 7:2

 第6版で初出。一見して「藍染めする」という動詞形になりそうだし、Google検索してみても、わりにまともな(自治体公式の観光情報のページとか)用例が見つかるけど、まだ拾われてないのかな……と思って「少納言」でも検索してみたら、2例(しかも同じ書籍)しかヒットしなかった。これじゃ「他サ」をつけるには値しなさそうだ。「他サ」を付ける決断は意外と重いのだ。

 

あいた[あ(痛)] (感)〔話〕7:3

 いかにも「三国7」的な新見出し。どうせなら、③〔「あいたたた……」の形で〕いたい(痛い)④ という参照をつけてほしい気もする。遊びすぎか。しかしこの「た」を繰り返すことで程度を強める現象、国語学的にはどう説明できるんだろう。

 

あいだ[間] (名)/(接助) 4:7, 5:7, 6:7, 7:15

 第7版で大幅に増補された見出し。大きな分類はそのままで、[一]は空間的な広がり(とその派生的な意味)、[二]は文語文での接続助詞で、現代語でいう「から」とか「ゆえに」に相当する使い方になっている。

 大きく変わっているのは[一]のほうで、従来⑤までだった分類が⑦まで増やされた。新しく足されたのは⑤と⑥で、第7版の⑦は従来⑤だったもの。以上のことをふまえて、書き足された意味について具体的に見てみる。

 ⑤は『二つ(以上)のものごとの、つながり、ちがいなどが生じる場』という定義になっていて、なんだか抽象的だなと思うんだけど、用例に挙げられている『両者のに合意が成立・二人のにはかなりの年の差がある』というのを見ると、ほかの意味分類でいうような、『木々の間』とか『ページの間』の「間」とは異なることが一目瞭然である。一方で、二つ目の用例(二人の間には…)を挙げたことで、『人と人との関係。あいだがら』と定義された意味分類④との違いが、すこし不明瞭になっている。④について、特定の二人の間の親密な関係を指すことをもう少し強調した方が、意味の違いがわかりやすくなるのではないか。『二人の間を裂く』という用例で端的に示されてはいるけど。

 ⑥は『その方面。その集団』という意味で、用例は『ファンの間で話題になっている』というもの。この意味の「間」は、「新明国」では第4版(1989年)から「生徒の間で……」という用例を挙げて扱っているし、「岩国」でも第6版(2000年)から「学生の間で……」という例を用いて説明していて、「三国」が2014年の第7版に至ってやっと載せているのは、遅ればせながら、という感じが強い。「三国」こそ率先して拾ってそうな用法なんですもの。まあ、過ぎたことですけど。

 追い込み見出しに『●あいだがら[間柄]』が入っている。これは第4版以来変化なし。

 ところで、『両者の間に合意が成立・二人の間にはかなりの年の差がある』という用例、なんか週刊誌とかワイドショーみたいな雰囲気を感じませんか。気にしすぎか。

 

アイターン[Iターン] (名・自サ) 5:3, 6:3, 7:3

 第5版での初出時には、『〔俗〕自分の故郷と関係ない土地に行って職につくこと』という語釈だったけど、第6版で『〔俗〕都市部の人が地方に移り住んで職につくこと』となり、第7版で〔俗〕が外された。こういう語を真っ先に拾い、細やかに語釈をリファインしていくのはまさに「三国」の面目躍如である。他の辞典で載せているのは「新明国7」のみ。

 ちなみに第5版では参考項目に「Uターン」のみ挙げられていたが、第6版から「Jターン」も加えられた。「Uターン就職」という使い方は「岩国5」でも(用例としてだけど)載せているので、この「◯ターン」の類を各辞書がどう扱っているかというのは興味あるところである……いまは深入りしないけど。

 

あいたい[相対] (名) 5:3, 6:3, 7:3

 二人で向かいあうこと……を言うのではなく、差し向かいで『何かすること』を特に指し示す語、という語釈になっている。用例に『相対ずく〔=話し合った結果であること〕』というのが挙げられていて、この言い方に引っ張られた、やや特殊な内容のように思う。

 ただ単に向かい合う、という意味は、次の見出し『相対する』の①になっている。論理的には、『相対する』というと向かい合っているだけの場合にも使えるけど、『相対』を名詞形で扱うと、向かい合っただけで済まずに、なにか(話し合いとか)を二人で行った、という意味が必ず付随する、と言っていることになるんだけど、そんなにきっちり使い分けられているものなの? 『相対』を(名・自サ)にして、まとめてしまってもいいような気がするけど……。国語辞典難しいね。

 

あいたいする[相対する] (自サ) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その21。第4版以来不変の堂々たる二行項目である。この見出しを書き換えること無く温存するために、上の「あいたい[相対] (名)」を別見出しに立てた……わけではないだろうけど。

 この「相対/相対するはなんで別なの」問題、気になったので他の辞典も見比べてみると、どうも「ふたりだけで何かすること」を言う「相対」と、「①向かい合う ②対立する」という意味の「相対する」をそれぞれ別の見出しに立てるのは、全ての辞書編纂者が踏襲する、一分の隙もない完全な常識だということがわかった。「変なの……」とか思ってた私のほうが変だった。常識がなかった。すみませんでした。

「講談国」なんか、わざわざ「<「あいたい」とちがう>」という断り書きまで入れてくれている。親切なことである。この親切さというか、「講談国」の編集時点ですでに、混同する人がいるから注意しとこうね、という配慮があったことを示す処理で、なんとなく察しがついた。「相対する」というのは最初の「あ」にアクセントを置いた「相 対する」であって、「対する」という動詞に語勢を強める「あい」を乗せた言い方だから、はじめから二字熟語の「相対」とは由来が異なる全然別の語だぜ、同じ語の名詞用法と他動詞用法じゃないんだぜ、ということなんだと思われる。「新明国」のアクセント表記を見ても、「相対する」は確かに頭にアクセントがついている。「新選」でも、「あいたいする」の「あ」はしっかりと赤字になっている。

 あー、なんかスッキリした。ありがとう「講談国」。

 

***

 

 辞書をずっと読んでると、字面が同じだとつい同じ語だという予断をもってしまうので、これからは注意していきたい。具体的には音読して確かめていきたい。そうなると、「三国」にはアクセント表記がないのが痛いところだ……。や、別にいらないけど。「新明国」と「新選」を見ますので。

 

 ところで「新選」といえば、最新版になっても「靉靆」を見出し語に載せてるの、渋すぎないですか。