あいま▶あいわす

あいま[合間] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:4

 第7版で『●合間を縫う』という慣用句の折り込み見出しが加わって、4行になった。

 

あいまい[(曖昧)] (形動ダ) 4:3, 5:4, 6:4, 7:4

 第4版では[派生]ラベルの『曖昧さ』までで項目を終えているが、第5版で『●曖昧ことば』という複合語の折り込み見出しが加わって、1行増えた。

「曖」も「昧」も2010年の改訂で常用漢字に加えられたため、第7版では×が外された。ついでに、『曖昧模糊』だけだった用例に、『責任を曖昧にする』という非常によく見られる用法が加えられた。

 

アイマス(名) 6:2, 7:2

 第6版での初出以来、変化なし。

 

あいまつ[相(×俟つ)] (自五) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第7版で〔文〕が外された。用例に『両々相まって』とあるんだけど、この部分、第4版では『両両あいまって』、第5・6版では『両両相まって』、第7版で上記、と、地味に表記を改めている。

 この語、用例にあるように「相まって」の形で使うのがほとんどだと思うんだけど、「三国」「新明国」は伝統的に「あいまつ」の形を見出しとして載せている。同時代の「岩国」「新選」「集英国」はおろか、古い「角川」や「辞海」でも「あいまって」を見出しにしているので、「明解」以来の独特の見出しなのかもしれない。

 

あいみたがい[相身互い・相見互い] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その31。

 

あいみつもり[相見積もり・合い見積もり] (名) 6:3, 7:4

 第6版で初出。語釈は変わっていないが、第7版で『合い見積もり』の表記が加えられたために、四行項目になった。

 

あいみ[相見る] (他上一) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第7版で〔文〕が外された。

 

†アイモード[iモード] (名) 5:3, 6:2

 久々の短命見出し。第5版での初出時には、internet modeの略であるとか、「Lモード」への参照が書いてあるために堂々たる三行項目だったけど、第6版ではしっかり切り詰められた。「Lモード」は見出しにも無くなったので、それに比べれば保ったとは言える。私は「Lモード」って「三国5」で初めて知りました。

 

あいもかわらず[相も変わらず] (副) 4:3, 5:3, 6:3, 7:4

 第6版までは品詞表記が「連語」だったんだけど、第7版で「副」に改められた。と同時に、昔から用例にあった『相も変わらぬまずい料理』というのは連体詞の形になるので、その旨を明記することで齟齬が回避されている。

 

あいもり[合い盛り] (名)〘料〙7:3

 第7版で初出の、食事に関することば。なんかこれ見覚えあるな……と思って前の方を見返したら、『あいがけ』というのが全く同じように第7版で採録されていた。個人的には「盛り合わせ」は見たことも使ったこともあるけど、「合い盛り」は見たことない。これから遭遇するかな。

 

あいやど[相宿] (名) 5:2, 6:2, 7:2

 第5版での初出以来、変化なし。

 

あいよ (感)〔俗〕7:2

 第7版で大幅に増補された、感動詞というか、呼びかけ表現というか、鳴き声というか、そんな感じの言葉の一つ。

 

あいよう[愛用] (名・他サ) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その32。

 

あいよく[愛欲] (名)〔文〕4:1, 5:2, 6:2, 7:2

 第6版まで、『(異性を)愛したいと思う欲望』という、若干の婉曲表現(愛したい≒セックスしたい)を察しないことには、「ちょっと言い換えただけじゃん」みたいなことになりかねない語釈がついていた。第7版では『(異性を)』だったところを『(性的に)』に置き換えて、語義を明瞭にするとともに、同性愛にも配慮した内容にするという、一石二鳥の改稿が施されている。うまい。ついでに用例が書き足され、〔文〕ラベルもついた。

 で、その用例が、『愛欲におぼれる・愛欲シーン〔=ベッドシーン〕』というものなんだけど、ベッドシーンのことを愛欲シーンって言う人を初めて見た。「要するにベッドシーンなんだけど、ここは台所だし、ベッドと呼ぶわけには……」的な生真面目さを感じる語である。

 

あいよつ[相四つ] (名) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その33。

 

アイライン (名) 4:2, 5:3, 6:3, 7:3

 第4版では『目を大きく見せるために、(女の)目のまわりをふちどった線』となっていたところ、第5版で『目を大きく見せるために、(女性の)目のふちに、黒・こげ茶色などでえがいた線』と変えられた。ややジェントルになるとともに、イメージしやすい説明になったと思う。

 また、参照項目として『⇒:目張り』が付けられているんだけど、第6版で『⇒:目張り②』に改められた。『目張り』の見出しを見に行ってみると、①はすきま風を防ぐ目張り、②にアイラインの目張りという二つの意味が書かれている。『目張り』の語義分類は第4版から同じなんだけど、より明確に指定したということ。

 

あいらしい[愛らしい] (形) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第5版までは『「かわいらしい」の、文語的な言い方』という、孫引きさせる語釈だったのが、第6版で『愛情をいだかせるようすだ・かわいらしい』と、この場で説明する語釈に変えられた。ついでに『愛らしいしぐさ』という用例も加えられている。

 

アイラッシュ (名) 4:1, 5:1, 6:3, 7:3

 日本語で「アイラッシュ」と言うと、「まつげ」じゃなくて「つけまつげ」のことを指している、ということを注意するために載っている見出し。他の辞書でこれを見出しに採っているものはないので、婦人雑誌からの用例採集に定評のある「三国」ならではの見出しである。

 第6版では追い込み見出しに『●アイラッシュカーラー』が載って、3行に増量した。第7版では『ビューラー』の見出しが新たに立ったので、説明をそちらに移して、『●アイラッシュカーラー』には参照だけをつけている。

「ビューラー」の方が一般的な名称だと思っていたので、「アイラッシュカーラー」が先に拾われているのは意外であった。

 

アイリス (名)〘植〙4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 まったく変わってない項目、その34。

 

アイリッシュ (名) 7:2

 第7版で初出。『アイルランドふう』を意味する言葉として、日本語のカタカナ語に入った、ということのようである。用例には『アイリッシュコーヒー〔=アイルランドのウィスキーを入れたもの〕』と書かれている。間違いとは言えないけど、これでは「コーヒーにアイリッシュウイスキーを入れたらアイリッシュコーヒーになる」と誤解されてしまいそうである。コーヒーの飲み方の一つというよりは、砂糖と生クリームも使う甘めのホットカクテルなので、せめて「~入れたカクテル」としておいてほしいところ。

 

アイルランド (名)〘地〙4:3, 5:3, 6:3, 7:3

 第4版では語義分類の①に『イギリス西方の島』、②にその島の大部分を占める共和国、となっていた。第5版から①は『イギリス本土の西方にある島』と少し詳しくされた。また、②の語釈中『首府、ダブリン』としていたところ、『首都、ダブリン』に改められた。

 第7版では国の方(②)のアイルランドの略号である『愛』というのを文末に書き足してるんだけど、そういうのを書く場所だと思って見ててもやや唐突で、アイルランド愛がほとばしったかのように見えて、なんか良い。

 

あいろ[×隘路] (名)〔文〕 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第5版で〔文〕ラベルが加えられた。

 

アイロニー (名) 5:2, 6:2, 7:2

 第5版での初出以来、変化なし。

 

アイロニカル (形動ダ) 5:2, 6:2, 7:2

 第5版での初出以来、変化なし。

 

アイロン (名・他サ) 4:4, 5:4, 6:5, 7:5

 ①が布にかけるアイロン、②が髪にかけるアイロン、というところは変わらないが、①の用例が『アイロン台』だけだったところ、第6版で『アイロンをかける』という動詞とのコロケーションが加えられて、一行増えた。

 第6版までは①の定義中で『~金属製で底がたいらな道具』としていたが、第7版で『~金属製で底がたいらな(電気)器具』に変えられた。今では「アイロン」というと電気器具をイメージする人がほとんどだと思うので、炭火やらストーブやらで熱して使っていた、電気以前のアイロンを思わせる以前の定義では不十分……と考えての改稿と思われる。

 この点、「新明国」では第4版で既に「〔普通は、電気アイロンを指す〕」と注記してあって、さすがにめざとい。なにしろ「三国7」から少なくとも25年も前に、「今もうアイロンっつったら電気アイロンでしょ」と気づいていたわけである。とはいえ、「~道具」と言っておいてべつに間違いでもないし、他の辞書では今でもだいたい「道具」で留めてるところなので、どことなく「新明国」に対抗すべく、遅ればせながら追随した、というような趣も感じられる。対抗というか、そのへんの機微は私にはよくわからないけど。

 第7版では②の定義の末尾に『ヘアアイロン』と加えられた。

 

あいわ[哀話] (名) 4:1, 5:1, 6:1, 7:1

 まったく変わってない項目、その35。

あいわす[相和す] (自五) 4:2, 5:2, 6:2, 7:2

 第7版で〔文〕が削られた。